社会のまんなかでシステム開発
東杜シーテック株式会社

menu keyboard_arrow_right
© Tohto C-tech Corporation All rights reserved.

ソリューションSOLUTION

画像処理ソリューション

3次元計測

3次元計測とは、対象物の形状や位置を計測しデジタルデータ化する技術のことで、以下のような様々な分野で使用されています。

  • 製品検査
  • ロボットのピッキング位置自動判定
  • 文化財のデジタルアーカイブ化
  • 自動車の衝突回避システム
  • 衣服をつくるための採寸システム
  • プロジェクションマッピング
  • 建造物や地形の3Dモデル作成
  • VRコンテンツの作成


自動車分野への応用例:前方障害物検知システム


FA分野への応用例:製品の自動搬送システム

サービス

当社では、主にカメラ画像による非接触3次元計測を扱っています。画像による3次元計測は、短時間で広範囲を計測することができるメリットに加え、カメラの高性能化やドローンの普及といった撮影機器の進歩により、活躍の場が広がっている技術です。
また非接触3次元計測は、文字通り対象物に直接触れることなく計測ができます。そのため、安全や衛生上の理由で、または対象物保護の都合上、触れたり近づいたりすることができない場合でも、対象物を計測することが可能です。

■目的に応じたシステム構成
カメラ、レンズ等の光学系を含めたシステム構成から検討することで、目的やご予算、運用環境に応じたシステムをご提案することができます。工業用カメラはもちろんのこと、市販のデジタルカメラや、スマートフォン、ドローンを使用した3次元計測も可能です。カメラ構成についてはカメラ設置位置の自由度が高い多視点画像の3次元計測、より精密な計測が可能なステレオカメラの両方に実績があります。ステレオカメラのキャリブレーションについても対応可能です。

カメラキャリブレーション技術の詳細はこちらkeyboard_arrow_right

■高精度画像マッチング
画像による3次元計測を行う場合、画像同士のマッチング精度が計測精度に大きな影響を与えます。当社では、東北大学大学院情報科学研究科 青木研究室で研究されている画像マッチングアルゴリズムを用いることで、高精度な計測を実現しております。

産学連携取り組みの詳細はこちらkeyboard_arrow_right

サービス事例

多視点画像を用いた3Dモデル作成システム

複数台のカメラを用いて人物を撮影し、得られた画像データから3Dモデルを作成するシステムです。
複数台のカメラは、同時にシャッターを切るため、撮影は一瞬で終わります。長時間静止している必要がないため、ご高齢の方や小さなお子さん、動物が被写体となる場合でも、簡単に3Dモデルを作成できます。
作成した3Dモデルは、一般的な形式の点群データ、メッシュデータ、テクスチャ付きデータとして出力するため、市販のモデリングツールや3Dプリンタに読み込ませることができます。


撮影カメラセット


出力3Dモデル例

※画像による3次元計測のサービスは、GPGPUによる高速化技術を適用し、処理時間を短縮することで、実用的なシステムのご提供を可能としています。

高速化技術の詳細はこちらkeyboard_arrow_right

画像処理ソリューションに関するお問い合わせCONTACT

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせkeyboard_arrow_right