社会のまんなかでシステム開発
東杜シーテック株式会社

menu keyboard_arrow_right
© Tohto C-tech Corporation All rights reserved.

採用情報RECRUIT

社員インタビュー

「育児も仕事もしたい」そんな私を後押ししてくれる会社です

Y.M

テクニカルセクション.3 / 2009年入社

Profile

大学のオープンキャンパスで初めて仙台に来て以来、“仙台”という街に魅力を感じ、仙台での就職を決意。
ソフトウェア開発ができる会社を探していたところ、イキイキと自分の仕事内容について語っている若手社員の姿を目の当たりにし、この会社なら自分も輝けるかも、そう思い入社した。
結婚・出産を経て、現在ではフルタイムで仕事復帰。

Career

2009年新卒入社。リーマンショック後で仕事が少なく、東北大学青木研究室に常駐し、技術習得。
その後は、三次元計測・ホットメルト検査システム開発・車載カメラによる障害物検知システム開発・Androidアプリ開発に従事。
現在では、Deep Learningや人工知能(AI)といった最新技術の研究開発に携わり、世の中に無い新しいものを生み出している。
資格:基本情報技術者、応用情報技術者

一日の流れ

「自分の持っている得意なことや知識を活かせる会社」
もっと言うと、「自分のことをうまく活用してくれる会社」という観点で就職活動を行っていました。
また、大学で仙台に来て以来、仙台の街が大好きで、就職も絶対仙台と決めており、本社がこちらにあるソフトウェア開発の会社を探していました。

そんなとき就活イベントで出会ったのが東杜シーテックでしたー。
説明員の社員のイキイキと業務内容を語っている姿、その表情がとても楽しそうで、私も数年後こんな風に自分の仕事を話したいな・・・と感じたことを覚えています。

他にも数名社員が参加していたのですが、とても和気藹々としていてお互いにお互いのことをよく理解している雰囲気に、“この会社なら私のことをよく理解してくれて、私らしく仕事ができる!” 、そう確信して入社を決めました。

入社後数年経った頃、縁あって結婚し、更に数年後、ありがたいことに子どもを授かることができました。
幸い夫はとても協力的だったので、仕事を辞めるという選択肢は浮かばず、産休・育休を取得する意志を会社に伝えたところ快く承諾してくれました。
“私がどうしたいか” に寄り添ってもらうことができ、安心感を得ることができました。

出産は女性にとって一大事。
初めてでも、そうでなくても不安はついてまわります。
改めて今思うのは、仕事に関する不安がなく過ごせたのは非常にありがたかったということです。

出産・育児を通して仕事のスタイルにも変化がありました。
現在は、保育園のお迎えの都合上、毎日ほぼ定時で帰宅しています。
かわいい子どもたちが待っていると思うと早く帰りたいー。
かと言って、仕事に対しても無責任になりたくないー。
という気持ちから、決められた時間内に効率よく成果をあげる進め方について深く考えるようになりました。

今後は、経験から得た考え方や仕事の進め方を会社や同僚に還元していきたいです。
結婚・出産・育児をはじめ、さまざまな分岐点があるように思います。
そんな時、私がそうしてもらったように、“自分らしい選択” ができるような、環境・社風作りに微力ながら貢献していきたいと考えています。

インタビュー一覧

下記ボタンから他のインタビュー記事をご覧いただけます