社会のまんなかでシステム開発
東杜シーテック株式会社

menu keyboard_arrow_right
© Tohto C-tech Corporation All rights reserved.

採用情報RECRUIT

社員インタビュー

相談しやすい環境こそが成長への近道だと実感しています

K.M

テクニカルセクション.2 / 2017年入社

Profile

地元青森から就職を機に仙台へー。
合同企業説明会での社員のチームとしての一体感と温かい雰囲気に、システム開発業界の印象が変わる。
システム開発経験はあったが、分からないことでも聞きやすい環境・雰囲気・社員に魅力を感じ、入社した。

Career

2017年に新卒入社。入社後は半導体製造装置の開発に従事。
現在では開発業務の他、内定者フォローや広報活動にも積極的に参加し、日々奮闘中。
資格:基本情報技術者

一日の流れ

地元から出たいー、東北で働くなら“仙台”が良い。最初はそんな考えでした。
いくつか会社説明会に参加しましたが、その中で東杜シーテックの会社説明会の“座談会”での先輩社員の対応で、この会社に入社したい、と感じたことが入社の決め手です。

入社当初は分からないことだらけでした。
私は “半導体製造装置” を開発する部署に配属になりましたが、あまりイメージの湧かない言葉に、「半導体を製造する装置って??」と、配属直後はハテナ”?”がいっぱいで不安もありました。

“開発は1人で黙々とやる” ー もちろんそういうスタイルの開発もあると思います。
ですが私の部署では、自分1人ではなく、多くの人と関わりながら作業をするスタイルで、“システムは皆で作るものなんだ” と思える環境がありました。

会社説明会で感じたチームの一体感・社員同士の温かい雰囲気の通り、コミュニケーションがとりやすい職場なので、分からないことや困ったことがあれば、すぐに相談できたので有難かったです。

“頼ってもいいんだ!” と思えたのはやはり先輩上司のおかげだと思います。
先輩や上司の指導やアドバイスがあり、今では1人で任せてもらえることも増えてきました。

私の業務はソフトの開発・保守なので、自分が作ったものが実際に動くまで、とても緊張します・・・(苦笑)
それでも、お客様から「成功しました!」とご報告をうけるととても嬉しいです。
納期に追われて大変な時もありますが、やり終えた時の達成感はひとしおです。

イメージしにくいですが、世の中にありふれている半導体 ー。
スマートフォンやPCといった生活に欠かせない ”半導体” の製造に少しでも関われていると思うと、
なんだか誇らしい気持ちになります。

技術者としてはまだまだ未熟ですが、身近に目標となる先輩上司がいるので、
もっともっと習得して、成長していきたいと思っています。
今後、後輩が入ってくると思いますので、私も愛情を持って接したいと思います(笑)

インタビュー一覧

下記ボタンから他のインタビュー記事をご覧いただけます