TOPページ製品案内 > ホットメルトチェッカー

ホットメルトチェッカーⓇ

サーモグラフィと可視カメラを用いたホットメルト検査システム

システム概要

ホットメルト検査システム

  • 可視画像から特定した段ボールの位置情報によって熱画像を補正。ホットメルトの位置や面積を正確に捉えることができます。
  • サーモグラフィ「CPA-A15W※」を搭載したカメラユニットで、段ボールの上面・側面を同時に撮影。カメラユニットを2台に抑え、ホットメルト接着検査を低コストで実現します。

※ ㈱チノー様取り扱いの「固定形小形熱画像装置」

導入のポイント

既設ラインへの後付け可能

ライン上に設置するのはサーモグラフィと可視カメラを1セットにしたカメラユニット2台のみ。既設ラインを組み替えることなく導入いただけます。

生産切り替え時の段取り調整が容易

生産の切り替えの都度、カメラユニットの位置・角度を調整する必要が無いため、多品種少量生産ラインへの導入に最適です。

環境温度の変化に依存しない

ホットメルトの検出温度を自動補正することで、工場内の気温変化が大きい環境でも、一年を通して正常なホットメルト接着検査を実現できます。

システム画面

ホットメルト

システム構成図

ホットメルト

動作環境

ホットメルト温度 外気温度+10℃以上
ライン速度 ~1000 [mm/sec]
タクトタイム 最大 50 [ケース/分]

導入例

段ボールサイズ 270×210×410 [mm]
(W × H × D)
カメラ設置台サイズ 幅: 1200 [mm]
高さ: 500 [mm]※
※既設ラインの高さを基準
制御盤サイズ 600 × 1000 × 300 [mm]
(W × H × D)

段ボールサイズ、カメラ設置台サイズは、お客様の環境に合わせて調整いたします。

お問合せ

製品のチラシは以下からダウンロード出来ます。

製品に関するお問合せは、以下のボタンをクリックしてください。
折り返しご連絡いたします。